音楽で東北を笑顔にする新しい形態のクラシックユニットです

 仙台チェンバーアンサンブル(SCE)は2006年に結成。仙台および福島在住の音楽家7人により「音楽とコミュニケーション」をテーマとして活動しています。

ヴァイオリン、チェロ、フルート、クラリネット、打楽器、ピアノ、そして、歌という変則的な編成により、クラシックを中心として幅広いジャンルの音楽の演奏を可能にしています。

これまで「東北電力スクールコンサート」「宮城県芸術銀河アウトリーチコンサート」「文化庁芸術家派遣事業」などで200校以上の幼稚園、保育園、小中学校で演奏し音楽の喜びを分かち合ってきたほか、2011年2月には気仙沼市教育委員会の主催で同市はまなすホールにて「仙台チェンバーアンサンブルハートフルコンサート」を開催。東日本大震災直後にも同市を訪問。

2011年はホシヤマ珈琲アエル店にて定期的にコンサートを開催。毎回満席になるほどの好評を得ています。

2013年4月仙台市宮城野区文化センターにて「仙台チェンバーアンサンブル ハピネスコンサート」を開催。同年10月仙台駅「杜の都コンサート」に出演。また、同月、初のCDとなる「幸せの星の木」をリリース。

2015、16年には「せんくら」に出演。チケットが完売するなど好評を博す。

 このほか、各種イベントなどでも演奏を行っており、新しい音楽団体としての可能性を追求しています。

CD「幸せの星の木」よりアメージンググレース(画像は静止画です)

9月10日福島市でコンサートを開催します!

来たる9月10日、福島市アクティブシニアセンター「アオウゼ」にて「楽しいクラシックコンサートinアオウゼ」を開催させていただきます。

古今の名曲に加え、福島市在住の当団作曲家、仲沼祐太の新作「古関裕而を讃えて」を初演いたします。入場無料で事前申し込みも不要ですのでぜひご来場お待ちしております。

くわしくはこちら

7月3日登米市の不老仙館でコンサートを開催しました

せんくら 公演が紹介されました

10月の「せんくら」での仙台チェンバーアンサンブルの公演が「日本クラシック事業者協会」様のホームページで紹介されました。


2015年 8月2日栗原、23日角田で演奏しました!

初のCD 幸せの星の木 リリースしました!

SCE初のCD『幸せの星の木」リリースいたしました。

仙台チェンバーアンサンブルオリジナル作品をはじめ、日本歌曲、オペラアリアなどヴァラエティに富んだ10曲を収録しています!

 

現在 ホシヤマ珈琲仙台アエル店、サンリツ楽器仙台本店で取り扱っております。

購入ご希望の方は「お問い合わせ」から送り先、希望枚数をお知らせください。お支払いは銀行振込でお願いいたします。メッセージいただいた方に振込先をお知らせします。

入金確認後発送させていただきます。

 

税抜き2,000円

 

 

収録曲目

1、仲沼祐太/早春賦による変奏曲

2、プッチーニ/歌劇「トスカ」より「歌に生き、恋に生き」

  星乃ミミナ作 音楽物語「葉脈〜幸せの星の木」

3、仲沼祐太/葉脈

4、小林直央/幸せの星の木

5、荒芳樹/抱きしめたまま

6、荒芳樹/これからのこと

7、北原白秋(詞)山田耕筰(曲)/からたちの花

8、同/この道

9、高野辰之(詞)岡野貞一(曲)/ふるさと

10、イギリス民謡/アメージンググレース

 

*2013年4月の「仙台チェンバーアンサンブルハピネスコンサート」の模様を収録したDVD付き

 

ロゴマークできました

仙台チェンバーアンサンブルのロゴマークができました!

今後様々な場面で使用していきます。どうぞよろしくお願いいたします。